中学受験~個別指導塾のススメ

娘が小学校6年生になったとき、中学受験を決断しました。
かねてから中学受験を考えてはいましたが、仕事や家事が忙しく、手をつけようとしては忘れてばかりいました。その上、何から手をつければいいのかも分かりませんでした。娘も、受験をするのかしないのか態度もはっきりとせず、自宅ではダラダラと過ごしているばかりでした。そこで、学年が切り替わるのと同時に中学受験を決意してもらい、
通信教材や家庭教師、塾のチラシを集めて娘と一緒に検討しました。娘の話を聞いていると、家では集中して勉強ができないことがわかってきました。そこで、通信教材や家庭教師の利用は見送り、まずは近所の塾の体験指導を受けてもらうことにしました。6年生の5月頃に訪れた塾では、集団授業を行っていました。しかし、娘にはフィットしませんでした。集団の中では自分ひとりだけが分からないことがあっても置いていかれてしまう、という点で合わなかったようでした。
その後、別の塾へ行きました。これが娘が今も通い続けている個別指導塾です。体験授業でも、自分の理解度に合わせて進めてくれていたようでやはりこれがフィットしたようでした。また月謝が低いにも関わらず、担当の講師さんについても娘の希望の方をつけてくださるなど、柔軟な対応をしてくれています。

【コンテンツ】